NIKON D5とD500が発表、3月に発売予定

Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedintumblr

1月6日にニコンがFX・DXそれぞれのフォーマットでのフラッグシップモデルとなるデジタル一眼レフカメラ、D5とD500を発表しました。
DXフォーマットでの3桁機は2009年のD300S以来となります。

両機に共通している新しい要素としては、

  • 新開発のセンサーモジュールによる、153点AF(99点クロス)。中央部では-4 EVでの動作を実現
  • 画像処理エンジン「EXPEED 5」と新しいセンサーにより常用感度がD5でISO102400、D500でISO51200に
  • 従来の約2倍の画素数である180KピクセルRGBセンサーによるTTL測光
  • 4K UHD(3840×2160)/30pでの動画記録に対応

といったように、技術的な部分でグッと歩みを進めてきた感があります。
では、FX機とDX機それぞれで従来機とのスペック比較をしてみましょう。

FX機スペック比較

D5 D4S D810 D750
有効画素数 2082万画素 1623万画素 3635万画素 2432万画素
センサー CMOS CMOS CMOS CMOS
最大記録解像度 5568×3712 4928×3280 7360×4912 6016×4016
画像エンジン EXPEED 5 EXPEED 4 EXPEED 4 EXPEED 4A
ファインダー ペンタプリズム ペンタプリズム ペンタプリズム ペンタプリズム
視野率 100% 100% 100% 100%
倍率 0.72x 0.7x 0.7x 0.7x
連写 10~12 FPS 10~11 FPS 5 FPS 6.5 FPS
SS 1/8000 – 30 sec 1/8000 – 30 sec 1/8000- 30 sec 1/4000 – 30 sec
常用ISO ISO 100-102400 ISO 100-25600 ISO 64-12800 ISO 100-12800
拡張ISO ISO 50, ISO 3280000 ISO 50, ISO 409600 ISO 32, ISO 51200 ISO 50, ISO 51200
測光方式 180KピクセルRGBセンサー 91KピクセルRGBセンサー 91KピクセルRGBセンサー 91KピクセルRGBセンサー
AF測距点 153点 51点 51点 51点
AF輝度範囲 -4~+20EV -2~+19EV -2~+19EV -3~+19EV
動画記録形式 H.264, MPEG-4 H.264, MPEG-4 H.264, MPEG-4 H.264, MPEG-4
動画記録 4K(30p,25p,24p) 1920 x 1080 (60p, 50p, 30p, 25p, 24p) 1920 x 1080 (60p, 50p, 30p, 25p, 24p) 1920 x 1080 (60p, 50p, 30p, 25p, 24p)
内蔵マイク ステレオ モノラル ステレオ ステレオ
液晶 3.2型 3.2型 3.2型 3.2型チルト式
モニター解像度 約236万ドット 約92万ドット 約122.9万ドット 約122.9万ドット
タッチパネル
露出補正 ±5 (at 1/3 EV, 1/2 EV, 1 EV steps) ±5 (at 1/3 EV, 1/2 EV, 1 EV steps) ±5 (at 1/3 EV, 1/2 EV, 1 EV steps) ±5 (at 1/3 EV, 1/2 EV steps)
GPS オプション オプション オプション
Wi-Fi オプション オプション オプション
内蔵フラッシュ
記録メディア XQD x2 or CF x2 XQD,CF SD/SDHC/SDXC, CompactFlash SD/SDHC/SDXC x 2スロット
バッテリーライフ 3,780枚 3,020枚 1,200枚 1,230枚
USB 3.0 2.0 3.0 2.0
大きさ 160×158.5×92mm 160×156.5×90.5mm 146×123×82mm 141×113×78mm
重量(本体のみ) 約1240g 約1180g 約880g 約750g

フラッグシップ機にふさわしいスペックのD5ですが、D4Sが2014年3月発売ということで、ちょうど2年でのモデルチェンジとなります。
こうして比較してみると、その間の3桁FX機の進歩もめざましいものがありますね。

続いて、DX機の比較です。

DX機スペック比較

D500 D7200 D5500
有効画素数 2088万画素 2416万画素 2420万画素
センサータイプ CMOS CMOS CMOS
最大記録画素数 5568 x 3712 6000 x 4000 6000 x 4000
画像エンジン EXPEED 5 EXPEED 4 EXPEED 4
ファインダータイプ ペンタプリズム ペンタプリズム ペンタミラー
ファインダー視野率 100% 100% 95%
ファインダー倍率 1.0x 0.94x 0.82x
連写コマ数 10 FPS 6 FPS 5 FPS
シャッタースピード 1/8000 – 30 sec 1/8000 – 30 sec 1/4000 – 30 sec
常用ISO ISO 100-512000 ISO 100-25600 ISO 100-25600
拡張ISO ISO 50, ISO 164000 ISO 102400
測光方式 180KピクセルRGBセ 2016分割RGBセンサー 2016分割RGBセンサー
AF測距点 153点(99点クロス) 51点(15点クロス) 39点(9点クロス)
AF輝度範囲 EV-4~+20EV EV-2~+19 EV-1~+19
動画記録形式 H.264, MPEG-4 H.264, MPEG-4 MPEG-4, H.264
動画記録サイズ/フ 4K(30p,25p,24p) 1920 x 1080 (60, 50, 25, 1920 x 1080 (60, 50, 30,
液晶モニター 3.2型 3.2型 3.2型
タッチパネル ×
可動式液晶 チルト × バリアングル
モニター解像度 約236万ドット 約122.9万ドット 約103.7万ドット
露出補正 ±5 EV (at 1/3 EV s ±5 EV (at 1/3 EV steps) ±5 (at 1/3 EV, 1/2 EV, 1
GPS × × ×
Wi-Fi
内蔵フラッシュ ×
記録メディア XQD,SD/SDHC/SD SD/SDHC/SDXC SD/SDHC/SDXC
バッテリーライフ 1240枚 1110枚 820枚
USB 3.0 2.0 2.0
大きさ 145×115×81mm 135.5×106.5×76mm 124×97×70 mm
本体重量 760g 675g 420g

D500は久々の3桁DX機だけあり、機能面ではD5に劣らない性能がありますね。
153点AFと10コマ連写、そしてバッファーメモリーは14ビットRAWで200コマまで連続撮影が可能ということで、動きものの撮影にも活躍してくれそうです。

両機とも2月のCP+で触ることが出来ると思いますので、今から楽しみですね。